HOME>トピックス>価格が安いので、そんなにお金を持っていない人向き

日本の零細企業は特に喜ぶ

クレーン

クレーン一台は、結構な値段がしますので、新品で購入できるのは資金に困らない建築現場や運送会社です。逆に資金に困っている零細企業では、新品はとても手に届くものではありません。しかし、中古クレーンであれば新品より安く購入することが出来ますので、資金に困っている零細企業でも購入することが出来ます。中古と言いましても、最低限の機能は整っていますので、使う分には問題がありません。

海外からも注目されている

クレーン

日本の中古クレーンは、海外からも注目されています。クレーンに限らず日本の中古の建築重機は特に東南アジアやアフリカの国から注目を集めています。その理由は、中古であっても壊れにくく頑丈という日本の重機のイメージがあるからです。そのため、日本国内にはこれらの国に向けて中古クレーンを輸出する輸出代行業者が存在しています。重機専門の業者から買い取ることもあれば、オークションで落札することもあります。そこで確保した中古クレーンを仲介手数料や運送料と加味して現地の企業に販売します。この仲介手数料でこれらの業者はもうかっています。中古クレーンは設けるツールにも使われていますが、古物商の免許がなければ日本国内ではこのような活動はできません。

広告募集中